ダイエット

口コミの高いクリニックで脂肪吸引をする!安心して手術しよう

  1. ホーム
  2. 術後に注意すること

術後に注意すること

カウンセリング

ダウンタイムを知る

美容外科クリニックでは脂肪吸引の手術を受けることができ、簡単に痩せることができることから口コミでも話題を呼んでいます。脂肪吸引手術はメスを使って余分な脂肪を除去するだけでなく、他にも脂肪溶解注射などで脂肪を分解する方法があるので、それらの中から自分が受けたい治療法を選びましょう。脂肪吸引手術ではダイエットに即効性を期待することができますが、その分身体への負担も大きいため術後はダウンタイムがあります。ダウンタイム中はなるべく日常生活は安静に過ごすことが大切で、その過ごし方によってダウンタイムを軽くすることも可能です。人によってダウンタイムが異なるので症状別に分けて見ていきましょう。

症状別のダウンタイム

まず顔の顎や頬などの脂肪吸引をした人は、脂肪吸引後に腫れや赤みが出てもなかなか隠すことができず、悩みを持つ人もいるはずです。マスクで腫れや赤みの部分を覆うこともできますが、副作用の範囲が広ければ全てを隠すことは難しいでしょう。また人によっては手術当日や次の日に痛みを伴う人もいるので、そのときは処方してもらった痛み止めを服用して痛みを緩和する必要があります。脂肪吸引手術をしてから一日後や二日後は腫れが起こりやすく、日数が経つごとに少しずつ引いていくといわれています。その間外出する機会があればマスクをして手術をした箇所を隠して出かけるようにしましょう。顔に限らず二の腕のコンプレックスを抱えて二の腕の脂肪吸引をする人も多いです。口コミでも二の腕の脂肪吸引をして細くなったと喜びの声も多数見かけられます。口コミ上位に挙げられている二の腕の脂肪吸引にもダウンタイムがあります。二の腕の脂肪吸引の場合はむくみや腫れなどが出たときに上手く動かせないことが多いため、手術をしてからしばらくは腕に負担をかけないように極力動かさないことが必要となります。腕を上げるという動作も難しいので、日常生活の過ごし方によっては家族などにサポートをしてもらうと良いでしょう。次第に痣が現れてきますが、時間の経過とともに徐々に痣が消えていくので特に問題視をする必要はありません。更に二の腕とともに口コミで人気の高い脂肪吸引箇所にはお腹もあります。お腹は特に脂肪吸引の範囲が広いため、ダウンタイムの期間も他のパーツに比べて長いといわれています。ダウンタイム中はお腹の圧迫感を感じることが多く、日常生活を過ごしづらいと感じる人も多いでしょう。また圧迫による痛みも感じるため、そのときは無理せず薬を服用して安静にするようにしてください。部位別にダウンタイムが異なるので、これから脂肪吸引手術を受ける方は医師に手術の方法やダウンタイムのことを詳しく聞いておくようにしましょう。

内緒で手術を受ける

口コミで話題を呼ぶ脂肪吸引は、人によってあまり良くないというイメージを持つ人もいます。たとえば両親が脂肪吸引を反対しているのに身体を細くするために脂肪吸引手術を受けたいと考える人も多いでしょう。内緒で手術を受けることもできますが、脂肪吸引にはダウンタイムがあるため、隠すことができないと脂肪吸引したことがすぐにバレてしまいます。基本的に手術後は圧迫下着を付けることが多いですが、通常では圧迫下着を着用することは少ないので周りから疑問視されることもあるでしょう。一番良い方法は内緒にせず自分の本音を打ち明けて脂肪吸引をしたい旨を伝えることが大切です。懸命に説得をして手術に納得してもらえれば罪悪感を抱くこともなく安心して脂肪吸引手術を受けることができるでしょう。身体にメスを入れる脂肪吸引は身体に負担をかけることから心配する人も多いです。しかし現在はメスを使わず比較的安全性の高い脂肪吸引の方法もあるので、できるだけ負担を軽くしたいと考える人は医師に相談をしてその人に合う手術法を提案してもらってください。手術をする前に診察を受けることができるので、そのときに医師と納得するまで相談をすることが可能です。脂肪吸引手術をするのが初めての方は手術の方法や費用についても確認をしておきましょう。